どんな格安航空券もキャンセルに注意を

真っ直ぐ飛んでいく飛行機

どんな格安航空券もキャンセルに注意を

安く乗ることができるのが格安航空券になりますが、ほとんどが予約をすることによって入手することができるチケットです。安くなればなんららかの裏があるのは当然の原理。その原理について詳しく知っておきましょう。特に予定がキャンセルしたときにこそ、大きな痛手になることが多いです。

キャンセル料の発生

数枚のお札
その痛手こそ、キャンセル料の発生です。チケットの取消をする際にキャンセル料が取られることになります。これは早期予約であっても、空席連動型であったも同じです。航空会社の思惑としてはなるたけ空席を作らずに、飛行機を飛ばしたい狙いがあります。そのために格安で販売をしていますが、その反動としてキャンセル料が存在しています。チケットの代金だけでなく、キャンセルしなくてはならなくなった時の予習が必要になってくるかもしれません。

大きな痛手になることも

各航空会社によって異なりますが、なかには購入価格の50%のキャンセル料が発生することも。普通にフルサービスキャリアの普通運賃で搭乗した方が良かったというような値段になりますので、大きな痛手になることもあります。またシーズン中の特別料金になると、さらに痛手が増すことも。安いことで飛びついてしまうことは仕方ありませんが、念のためにキャンセル料についてはよく観察をしてから、申し込みをすることをおすすめします。

予定はしっかり組んで予約をしよう

予定が崩れることによってキャンセルが発生することになりますので、そうならないためにしっかりと組んでおくことをおすすめします。体調不良などどうしても避けられないこともあります。また特別に安くなる格安航空券となると、数か月前に予約を取ることになることから、搭乗日までの未来など誰にも予測をすることができません。よって予期せぬキャンセルになることも、頭の中に入れておくことをおすすめします。だからこそキャンセル料について把握しておきましょう。

こんなケースでは向かないことも

空っぽの財布
大人数の家族旅行で格安航空券を使うとなると、大きな痛手になります。家族全部の航空チケットが無駄になり、その一枚ずつにキャンセル料が発生することになりますので、大きな出費になることがわかるでしょう。このようなケースでは格安航空チケットが向かないこともあります。

キャンセル料のペナルティは十分注意を

安さだけに飛びついてしまい、予期せぬキャンセルによって大きな出費が生まれてしまうこともあります。自分には当てはまらないと考えないようにして、しっかりとキャンセル料金にも関心を持ち、予約をすることをおすすめします。

  ← 前の記事: